26日発売のマガジンXに、新型MOVEの情報が載ってました!ついに来たね!ヤッホイ!!

燃費は新型ワゴンR越え!!!

とりあえず紙面の画像を。

でっかく「29km/L達成のメド立った」の文字。まーそりゃあやるでしょう。そりゃあそうだよね。後から出してワゴンRに負けるなんて、ダイハツの意地が許すはずありません。

そしてその燃費を達成するための主な技術革新が4つ挙げられています。

1.CVTオイルウオーマー追加

CVTオイルウオーマー。CVTがスムーズに動作するためにはCVT内のオイルが暖かくなっている必要があるのですが、駐車している状態から走行開始する場合、CVTオイルが冷たくなっているので抵抗が大きくなっています。それを回避するために、CVTオイルを効率的に早く温める機構を備えるという事ですね。

2.アイドリングストップが9km/Lで稼動

アイドリングストップの基準を、現行の時速7kmから時速9kmに引き上げ。これまでは時速7km以下にならないとアイドリングストップしなかったのを、時速9km以下になった時点でアイドリングストップするようになるようです。アイドリングストップ基準を引き上げるとJC08モードでのカタログ燃費は向上しますが、ちょっと減速するとすぐにエンジンが止まる事になるので、実用性を犠牲にする可能性があります。エンジンが止まってすぐに加速すると、一度止まったエンジンを再スタートさせる必要があるので、加速タイミングが遅れるわけです。さらに、実燃費にも悪影響があります。

そんなわけでアイドリングストップ基準の引き上げについては、私としては素直に喜べないのですが、新型ワゴンRはアイドリングストップ基準が時速13kmであることを考えると、新型MOVEはカタログ燃費がワゴンRよりも勝っていて、しかも基準時速は低いという事は、新型MOVEはワゴンRに完全勝利していると思います。MOVEファンとしてはウレシイ。まあ、このマガジンXの記事を信じれば、という前提ですが。

3.CVTロックアップ速度を10km/hに引き下げ

CVTロックアップ速度とは、トルクコンバータでの動力伝達のロスを無くし、エンジンの回転とタイヤを回す機構を直結する基準となる速度。普通、CVT車にはトルクコンバータというものが着いています。エンジンがCVTの歯車(みたいなもの)を回し、その歯車がトルクコンバータ内の歯車(みたいなもの)を回し、トルクコンバータから出た動力がタイヤを回す動力となります。このとき、エンジンとタイヤの回転が常に直結していると色々と困るわけです。例えば変速時。エンジンとタイヤの回転が直結していると、歯車が常に強くかみ合っているので、歯車(みたいなもの)をずらす余裕がありません。その結果、ギアチェンジができなくなってしまいます。

それを回避するために、エンジンから出た動力をトルクコンバータ内で少し捨てて、ギアチェンジのための余裕を持たせているわけです。その「トルクコンバータ内で動力を捨てる」ということを、時速10km以上になったらやめてしまうというわけです。その結果燃費は良くなる代わりに変速がしにくくなるわけですが、ソコにダイハツの技術革新があり、スムーズな変速を保てるようになったのでしょう。

4.エンジン&CVTの制御見直し

これについてはマガジンXの記事中には詳しく書いていなかったですが、上記3.のCVTロックアップの見直しと一緒に色々とやっているんでしょう。

記事中の記述はそんな感じでした。一つ気になったのは、新型ワゴンRの目玉だった「発電」のキーワードが一切出てこなかったこと。燃費競争はもう行くところまで行き着いて、あとは減速エネルギー回収に手を出すしかないんじゃないかという印象を個人的には持っていたのですが、新型MOVEはあくまで既存の技術の更なる向上で新型ワゴンR越えを達成する見込みのようです。

私として最も印象的だったのは、上でも書きましたが、新型ワゴンRよりも低いアイドリングストップ速度で、燃費を上回る見込みであること。アルトエコの30.2km/L、実は大きな欠点アリ。新型ワゴンR、13km/L以下でアイドリングストップって、本当にイイの?の記事でも書きましたが、私としては、ワゴンRのスズキは、実燃費を軽視してカタログ燃費の向上に力を入れてしまっているという印象があります。それに対してダイハツは、アイドリングストップ基準を上げすぎることなく、実燃費や走行感を損なわずに高燃費を達成するんだなという印象を持ちました。私はやっぱり、スズキよりもダイハツの方が、ワゴンRよりもMOVEの方が好きです。

そんなわけで、新型MOVE、今から首を長く長くしてしまいます。早く情報がいっぱい出てきて欲しいです!!

この新型MOVEを買おうと思っている方は、今乗っている車の買い取り金額を早めに知っておく事をオススメします。今の車がいくらで売れるのかを把握した方が、買うかどうかの判断がしやすいですから。私が以前書いたカーセンサーに愛車一括見積もりを申し込んだ感想ガリバーにウチのMOVEを査定してもらったぞ!の記事がありますので、査定に出す時の参考にして下さい。早めの申し込みをオススメします!

— 2012.12.07追記 ここから —
12月3日に、新型MOVEについてダイハツから正式発表されました!20日発売です!
新型MOVEは燃費29.0km/L、スマートアシスト搭載!
— 2012.12.07追記 ここまで —

今回紹介したマガジンXは下記リンクから買えますよ。

MAG X (ニューモデルマガジンX) 2012年 12月号 [雑誌]


↓当ブログ渾身の記事8選はこちら!↓
知識がなくてもできる!13年落ちのムーヴを18.8万円で売って買い替えた話

わたくし、このたびクルマを買いました。ブログ内で何回か書いてるけど、ウチのクルマは2003年製のダイハツ・ムーヴ。新車で買って、もう13年目っすよ。10年目くらいから「もういいかげん買い換え時かな」と思い始めて、3年も経 …

ケーユー三郷インター店
「ネット上の悪評、どう思ってんの?」ガリバーの営業さんに聞いてみた!

つい最近、ムーヴからワゴンRにクルマを買い替えたワタクシ。最終的には関東が地盤の中古車屋さんであるケーユーで買ったんだけど、一番最初に行った中古車屋さんはガリバーでした。 ガリバーに行くまで私は、どうにか安くクルマを買い …

ガリバー4号草加店の外観
これから中古車屋に行こうと思ってる人へ!私が中古車購入で後悔した5つの失敗

今年2月にわたくし、クルマを買い替えました。ワゴンRの中古車です。割と満足してるんですが、「あれをやっとけば良かったな」って後悔したことがいくつかあるんですよ。なので、今回はそれについて書いておきたいと思います。クルマに …

QUOカード
中古車買取は一括査定だと損するかも!本当に重要な車買い替えのコツは◯◯だ!

わたくし、つい先日クルマを買い替えました。長くなるんでそっちの記事には書かなかったんだけど、一括査定について気づいたことを2点ご紹介します。それはこの2つ。 一括査定は全然お得ではない! 一括査定に出すよりも大事なのは、 …

DSCN9525
普通車は地雷!本当に車中泊しやすいのはN-BOX+だ!!(画像&動画あり)

ジワジワと人気が高まっている車中泊。10年前は、車中泊って言葉自体なかった気がします。今はだいたいみんな知ってますよね。Google検索の人気度を見てみると、やはりジリジリと増えていってます。テレビ番組でもたまに見ます。 …

N-BOX+ベッドモード
車中泊に「マット」は必須!ランキング上位のマットを自腹で買って比較してみた

熊本の震災で、にわかに注目を浴びている車中泊。地震のあと、「車中泊」の検索数は一気に倍に伸びています。地震後は建物の中で寝るのは怖いということでクルマの中で寝るという選択をした人が多いみたいですね。 「車中泊」のGoog …

FIELDOORエアベッドを敷く_膨らませた
ほぼ新車なのに10万円引き!? 絶対知っておくべき「未使用車」の基本

少しでも安く、良い状態のクルマを買いたい。クルマを買う人は、誰でもみんなそう思っているでしょう。そういう方に必ず知っていて欲しいのが、未使用車の存在です。もし知らないなら、ぜひ頭に入れておきましょう。 未使用車とは、新車 …

ガリバーミニクル_未使用車
ブログ主(かずにぃ)のプロフィール

ブログ主であるわたくし、「かずにぃ」のプロフィールです。フツーのサラリーマンをしているおっさんです。年齢は30代後半。嫁さんと子供二人がおります。上の子はもうすぐ大学卒業。無事に就職が決まり、ホッとしているところです。…

新型MOVE関連記事: